マタニティライフ 妊婦検診

初!4Dエコー体験

2016/09/09

4Dエコーとは

妊婦検診での通常のエコーは、断面(2D)で見ているのに対して、
4Dエコーは三次元(長さ・幅・奥行)の超音波でお腹の赤ちゃんの様子を立体的に見ることができます。

現在、その3Dがリアルタイムに動く映像まで見られるようになったため、時間のファクターもいれ、4Dエコーと呼ばれています。
お腹の中で元気に動いている赤ちゃんの仕草や表情を動画で見ることができるため、非常に人気です。

赤ちゃんの全体の動きを見るのには、妊娠24週くらいまで、
赤ちゃんの表情やしぐさを見るのには、妊娠25週から36週位が適していると言われています。

病院によって取り扱いの違う4Dエコー

私が通っている病院では、
基本的にエコーはすべて検査技師さんが行うので、
検査中に説明などはありません。

こちらからも話しかけないように、と事前に言われていますし、
家族等の検査室への入室もできません。

検査技師さんがすべてチェックが終わった後に、
少し赤ちゃんの頭や心臓など見せてくれますし、
写真も2枚くらいもらえますが、
基本的にはすべて2Dです。

エコー検査結果の説明につていは、後程医師からすべて聞くことになっています。

3D/4Dエコーも導入されていますが、
検査とは別に行われ、希望者にのみ有料です。
家族の立会もできるようになっています。

金額はちょっと高いです。
費用7,800円で、DVDは別途1,800円かかります。

区で行われていた両親教室であった方が通っている病院では、
通常の検査時も4Dに適した週数には、4D検査を受けることができるそうで、
毎回DVDへ録画をしてくれるそうです。
家族の同伴も可能。

他院に通院していても、その病院で4Dのみ受けることもできるとのことで、
DVD代を含んで、
平日6,000円、土曜日8,000円。

自分が通っている病院よりも安いので、
こちらで4Dエコーだけお願いしようと思っていたのですが、
その病院の増築工事と、お盆休みなどが運悪く重なって、
うまく予約を取ることができませんでした。

しかたなく、他にも探しましたが、
やっぱり1万円くらいかかるなど、料金が高いところ多かったです。

そんな中見つけたのが、
車で40分くらいかかる病院。
費用5,000円。DVD料金2,000円。
多少でも安く受けられるので、こちらの病院で予約をして、
4Dエコー受けてきました。

4Dエコー初体験

赤ちゃんの向きが悪い(お腹側を向いていてくれない)と、
せっかく高いお金を払っても後姿しか見えなかったりするので、
(予約の時も、来院時にも何度も確認されます。)
超ドキドキだったのですが、
無事にお顔を見せてくれました。

いつも顔の前に手があるので、
今回もちょっと手が邪魔をして、
横顔ばかりになりましたが、
それでも、先生が良く見えているし、上出来、とおっしゃっていたので、良い方だったのでしょう。

通院している病院では、通常検査で家族の同伴ができないので、
旦那がエコーを見たのは、
里帰り出産の病院を予約した時の7週以来。

録画されたDVDはたったの10分程度でしたが、
自宅に帰ってから、何度も見返していました。
ちょっと高いオプションだけど、旦那にとっては良い体験になったと思います。

初めてだったので、顔ばかり見ていて、
あっという間に終わってしまいました。
よくわからなかったけど、
もっと、手とか足とかも見せてくださいって言えば、見せてもらえたのかな?

どっちに似ているかとか、全然わからない映像ですが、
何回も見返しちゃいます。

-マタニティライフ, 妊婦検診