新米ママライフ

離乳食でハーフバースデープレート!

2017/06/07

先日、娘が無事にハーフバースデーを迎えました。

ベビーザらスの離乳食講習の時に、和光堂のパンフレットをもらっていたんですが、離乳食で作るハーフバースデープレートをぜひ作ってみたいと思っていたんです。

インスタグラムなどで検索したら、たくさんかわいいのが出てきたので、参考にしつつ、私も作ってみましたよ!

完成形がこちらです。
ハーフバースデー離乳食プレート
娘の名前部分はぼかしを入れてあります。

お皿は、離乳食用のプレートを持っていなかったので、数年前に、ケンタッキーでもらったくまのがっこうのお皿を使いました。
お皿の上に描かれたフラッグや、プレゼントなど模様がお祝いをしている感満載で、ジャッキーがケーキを持っているみたいで、ぴったりでした。

離乳食用の食材で作っているので、もちろん全部食べられます。
ケーキ部分は冷凍で形作ってあるので、レンジでチンするだけ。
娘は残さず食べてくれました。

離乳食で作る ハーフバースデープレートの作り方

【材料】
10倍がゆ
人参
ほうれん草
カボチャ
イチゴ
お豆腐

お豆腐以外は前日にペースト状にして、冷凍しておきました。

【作り方】
1、前日にケーキ部分を作って冷凍しておきます。
ケーキは、10倍がゆと人参です。

シリコンのおかずカップに、10倍がゆを少し入れ、冷凍。
あと、大きさの違うクッキーの抜型を2つ用意して、大きい方に人参、小さい方に10倍がゆを入れ、冷凍。

2、固まったら、おかずカップに人参を追加して入れ、再び冷凍します。

3、おかずカップにさらに、10倍がゆを入れて、冷凍します。

4、さあ、ハーフバースデー当日です。
まずは文字を書きます。
ハーフバースデー離乳食プレート

ほうれん草、カボチャ、イチゴのペーストをそれぞれ解凍して、絞り袋に入れて、少しずつ文字を書きます。
下に引くお皿にも、日付やお花を書いて華やかに飾ります。
ハーフバースデー離乳食プレート

5、お豆腐を茹でて、つぶして、ケーキを置く部分にお皿になるように広げます。

6、冷凍してあるおかずカップをお豆腐のお皿の上に置きます。

7、お豆腐をつなぎにして、クッキーの抜型で作った人参と10倍がゆのパーツを乗せます。

8、ケーキの一番上にイチゴのペーストで丸を書きます。
ハーフバースデー離乳食プレート

9、お皿を重ねて完成です!
ハーフバースデー離乳食プレート

うらごし冷凍野菜を使えば赤ちゃんの離乳食も簡単

離乳食はなるべく手作りをしようと心がけていますが、子供がぐずってなかなか調理が進まなかったり、仕事をしている人は時間が取れなかったり、大変ですよね。
そんな時、私は、潔くパルシステムのうらごし冷凍野菜や、緑黄色野菜のバランスキューブ、コーンペーストなど、便利な食材に頼っています。

安心・安全な食材を使って調理してあるから、赤ちゃんや子供が口にしても安心です。

頑張りすぎないで、上手に手抜きして、家事・育児を楽しみたいですよね。



-新米ママライフ