母親学級 マタニティライフ

後期母親学級に行ってきました

2016/09/01

後期母親学級

今日は病院で行われる後期母親学級に行ってきました。

今日の担当は病棟担当の助産師さんで、初めてお会いする方でした。

内容は、主にお産の流れについてでした。

臨月に入ったら

臨月に入ってからの体の変化について

●楽しい夢はみない
●夜中によく目が覚める
●学校時代の試験前のような心境
●気持ちが不安定になる
●赤ちゃんが下がった感じがする
●胃の圧迫感がなくなり食事がしやすくなる
●下腹部が張りやすい(特に夜、明け方)
●赤ちゃんに押されて腰や恥骨が痛くなる
●尿が近くなる、残尿感がある
●便秘や下痢をすることもある

お産のサインの見分け方

■おしるし
色(ピンク~赤~褐色)も、量も、かなり個人差がある。
出血があったらナプキンをあてておく。
入院するにはまだ早い。
また、内診の刺激で少々出血することもあり、翌朝までに止まっていれば心配ない。

■陣痛
10分間隔で30秒以上の長さでおなかの張りがきたら、助産院に電話をする。
陣痛の間隔はケースバイケース。
前駆陣痛の場合は次第に遠のくので、心配事がなければ自宅でリラックスして過ごす。

■破水
生ぬるいお湯が流れ出る感覚。量はケースバイケース。
産褥用ナプキンや紙おむつをあてて入院します。
お小水と区別がつかない場合は、2~3時間様子をみて、なおナプキンが塗れるようなら入院。
入浴・シャワーはしないように。

分娩の経過と呼吸法

■分娩第1期~陣痛開始から子宮口全開大まで~
10分以内に1回ずつ張りと痛みが伴うようになったら陣痛開始です。
子宮口は10cmまで大きくなり、その頃になると陣痛は1~2分間隔になります。

初産の場合はここまでに平均で10~12時間ほどかかる。

お水やお茶、スポーツドリンクなど、3本くらい用意しておくとよい。

■分娩第2期~いよいよいきみ ここ1番のつもりで~
呼吸を整え、陣痛にあわせていきむ

赤ちゃんが出てくるまで平均で2~3時間ほどかかる。

■分娩第3期~胎盤の娩出。全身の力を抜いて~
胎盤娩出のため、子宮を元に戻すために後陣痛が続きます。

平均で5~30分ほど。

おっぱいマッサージ

今日の出席者は6名でしたが、全体でのお話のあとは、おっぱいマッサージを個別に教えていただきました。

お産の流れや呼吸法については、区で行われた両親教室のほうが内容が充実していたかなーという感じです。

あと、後期つわりなのか、正直ちょっと、体調がすぐれず、、、内容に集中できませんでした。

母親学級のあと、診察していただき、吐き気止めの薬と整腸剤をいただいて帰りました。

-母親学級, マタニティライフ